生活とお金の問題

質素倹約と貯金生活の達成

投稿日:

私は毎月、目標を立てて、それを実践するようにしてきました。

来月は質素倹約を目標にやってみようと思っています。

最近、収入を増やすためにはどうしたらよいのかをいろいろと考えてきました。

 

以前、私が実際にやってみたことの一つに、お金がなくても生活していける術を身につけることでした。

私の知人も言っていましたが、節約はやればやるほど際限なくできるものだということです。

 

お金は古代からあったわけではなく、人間はお金がなくても生きることができました。

それはお金以前に食べることが基本だったからだと思います。

 

経済至上主義が当り前の世の中になってしまっていますが、本来、人間はお金が無くても生きていける術を持っているものなのだと思います。

 

しかし、現実問題、今の世の中では何もしなくても税金というお金は払っていかなくてはなりません。

たとえ自給自足の生活で、衣食住にほとんどお金がかからないとしても、国民の義務として納税はしなければなりません。

 

そう考えると、どんなに節約をしてお金がかからない生活が実現できたとしても、やはりお金は必要になってきます。

しかし、質素倹約の意識があれば、できるだけ使うお金を減らすことができます。

 

収入が多ければ多いほど、税金も高くなりますが、収入が少なければその分、税金も安くなります。

 

私は基本的に物を作るのが好きなので、リメイクして再生させて活用しているものもあります。

最近は衣服をリメイクすることが趣味の一つとなっています。

 

節約の達人を見習えば、どんなものでも再利用できそうな気がしてきます。

また、節約も新たなアイデアがあれば、新しいものを買わなくても十分に暮らしていくことができます。

 

私は数年前から断捨離を定期的に行っています。

これを実践するようになってから、お金や物との付き合い方が随分と変わったように思いました。

 

自分が本当に必要なものだけで暮らし、上手に質素倹約をしていけば、お金を使う機会がかなり減るということです。

多くの物は自分で作ることができます。

 

中にはお金を出して誰かにやってもらう必要がありますが、何でも噛んでもお金に頼っている時よりは、かなり出費を抑えることができます。

 

また、私は最近食事の見直しも行いました。

質素に見える食事でも、きちんと栄養バランスの取たないようにすれば、健康を維持できます。

 

何よりも以前よりも食事がとても美味しく感じることができるようになったのはとても嬉しいことですし、小さな幸せが増えたような気がしました。

 

お金も物もたくさんあっても、それが必ずしも幸せになるとは限りません。

無いからこそ得られる心の満足度のようなものを感じて行きたいと思っています。

 

-生活とお金の問題

Copyright© 生活とお金の問題解決ブログ , 2018 AllRights Reserved.