生活とお金の問題

お金に対しての3つ悩み

投稿日:

今回は私のお金の悩みである3つの事項についてお話したいと思います。

一つ目は税金です。会社員である私は社会保険として毎月大きな金額が給料から引かれてショックなわけですが、考えてみればこれはアルバイトだけで生計を立てていた時と比べればありがたい事だと思うので。、会社が半分くらい負担をしてくれているのですからそれは感謝です。

問題はこれ以外の都民税やその他のよくわからない税金たちです。分けもわからず催促の知らせが届き、二言目には法的措置に移行するだなどと脅かしてくる。なんのための支払いかもわからないまま焦って予定外の大幅な出費をする事になる。こんな経験が多いのです。

それは私が無知でちゃんと税金について調べないからだと反省すべきところなのですが、お金を払えと言って来る側にもきちんと伝える義務があると思うのです。説明する義務ではありません、伝える義務があると強く思うのです。

二つ目は無駄使いです。無駄使いという表現が適切かわかりませんが、ラテマネーや買い食い、ゲームセンターやカラオケ、居酒屋などといった形に残らないような事に出費がかさんでしまっているのです。

これまた自分がだらしないからなどとの理由ではなにも進展しないので、よくその必要性を考え、出費したことは真実なのですから、その原因が必ずあるのではと思います。

ストレスの発散というような曖昧なもの追うのではなく、自分の将来に対して本当に自分がなりたいビジョンを想像して、そこへむかってお金を使っていけたら良いのではと思います。それはきっと楽しい事なんじゃないかと思います。

三つ目はお金そのものについての悩みです。お金とは何なのでしょう。私の価値?労働の対価?信用によって発行される物?

私の周りの多くの方は、何のために働くの?と聞かれたらお金のためにと働いていると最初に発想するでしょう。

しかし本当にそうでしょうか。

私は仕事とは、やはり仕事を成すために行うと思うのです。

ではお金は要らないのか?ただで働いてくれるのか?との声が聞こえてくると思いますが。お金が必要ないなんて思いませんし、どちらかいえば欲しいのです。

ただ私が仕事を引き受けて、それを成す事によって自分に与えられるお金の事は、取り組む際に頭にないのです。その仕事に対する私のあり方のほうへ意識が向くからです。

これは私が月給の会社員だからやっていける発想なのかもしれませんが、仕事とお金が結びついていないのです。

しかし会社はこんな私にもっと目標をもち、出世を考えてお金と仕事を結びつけていきなさいというのです。

つまり自分が納得できるいい仕事をするより、会社が納得するような利益がでる仕事。つまり自分が出世して今より給料がもらえるような仕事を目指せという事のように受け取れます。

私にとってこの悩みは感単に方向転換できない、生き方としての大きな問題の一つです。

-生活とお金の問題

Copyright© 生活とお金の問題解決ブログ , 2018 AllRights Reserved.